2019年3月期の業績が当初予測から大幅に悪化したトレーニングジム大手のRIZAP(ライザップ)グループが22日、東京都内で株主総会を開いた。瀬戸健社長は冒頭、「株主のみなさまにはこの1年、ご迷惑とご心配をおかけし申し訳ございませんでした」と頭を下げ、20年3月期について「黒字でなければこの場にいない。これは自信の表れであると受け止めていただければと思う」と宣言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます