「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親である富野由悠季(1941~)と、「アルプスの少女ハイジ」や「火垂るの墓」などを監督した高畑勲(1935~2018)というアニメ界を代表する巨匠の大規模な展覧会を、公立の美術館が相次いで開く。宮崎駿に代表されるアニメーター出身の監督と違い、自分では絵を描かない2人。その「演出術」をどう展示するのか?…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます