指揮官が喜びを爆発させると、全体にその明るさが波及する。阪神の矢野燿大(あきひろ)監督(50)だ。交流戦は6勝10敗(2分け)と負け越したが、昨季最下位のチームが25日現在、首位巨人と3・5ゲーム差の3位につける。好調の要因のひとつに、今の時代に合った雰囲気づくりがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます