「チーム内で競争がない」「下級生チームを作れない」……。朝日新聞が今夏の群馬大会に出場する全67校に行ったアンケートに、半数弱の30人の監督が「部員不足を感じる」と回答した。群馬県内の硬式野球部の部員数はこの4年間で約340人、1割減少した。多くの野球関係者が恐れていた“野球離れ”が現実の数字に表れようとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます