2002年5月の月曜日。フランス最高峰の理系専門校「エコール・デ・ミーヌ(国立高等鉱業学校)」元学部長のジルベール・フラードは、日産自動車が当時本社を構えていた東京・東銀座に教え子のカルロス・ゴーンを訪ねた。ゴーンはその前年に、日産の社長兼最高経営責任者(CEO)に就いていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます