東京都新宿区の路上で覚醒剤を所持したとして、警視庁が東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことがわかった。覚醒剤を使った疑いも判明し、同法違反(所持、使用)の罪で21日に起訴された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます