立憲民主党が24日、内閣不信任決議案の提出方針を野党各党に伝えた。参院選に向け安倍政権への対決姿勢を明確にする狙いだ。だが、提出には立憲の枝野幸男代表が一度は消極姿勢を見せ、野党内に異論もくすぶる。安倍晋三首相の外交日程への配慮から強硬策も回避され、弱含みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます