ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」(WR)が、2022年から予定していた国際大会「ネーションズ選手権」の新設を断念した。昇降格制度に一部の協会から反対が出たという。当初は欧州と南半球の強豪10チームに加えて日本とフィジーの計12チームが参加する構想だったが、断念を受けて、日本ラグビー協会は新たな代表強化策を模索することになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます