女性が職場ではく靴をめぐり、ヒールのある靴の着用を強制されることへの反対や、苦痛からの解放を訴える「#KuToo」運動。朝日新聞の取材班(keizai@asahi.com)には、ヒールのある靴を無理にはき続けたという女性たちから、足の指が変形する「外反母趾(がいはんぼし)」や、足の爪が変形して皮膚にくい込む「巻き爪」といった症状に苦しんでいるという声も複数寄せられました。女性の靴と健康について、40年にわたって外反母趾などの治療や手術を行ってきた整形外科医の町田英一さん(66)=日本靴医学会監事=に聞きました。(聞き手=宮地ゆう)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます