探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」への2度目の着陸に挑むことが決まった。46億年前に太陽系が誕生したころのまま、地中で眠り続けていた砂や石を採取する世界初のミッションだ。地球に持ち帰って分析できれば生命の起源に迫れるが、不慮の事故があれば2月の着陸で手に入れた砂ごとすべてを失う危険もはらむ。はやぶさ2の旅は最大局面を迎える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます