大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)で、28歳の苦労人が新小結の座をつかんだ。高田川部屋の竜電。初土俵から所要79場所での新三役は史上10位のスロー昇進となる。大けがで関取から序ノ口まで転落する地獄をみた男は「心が折れかけることもあったけど、それを乗り越えて今がある」と実感を込める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます