取締役の人事が焦点となったLIXIL(リクシル)グループの株主総会は、瀬戸欣哉氏ら株主側が会社側に勝った。4時間半以上におよんだ総会は、採決にマークシートを使う異例の展開となった。昨秋以来の混乱は収束に向かうとみられるが、課題は山積みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます