海の貝やカニを割って食べるラッコ。その生息地には、殻を割るのに使った「石器」や、食べた後の「貝塚」が残される。こうした痕跡を調べる考古学的な手法で、過去のラッコの生息域を特定したり、石を使う行動がどう進化してきたのかを理解したりできる可能性があるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます