日本のサッカーで初めて、世界最高峰の舞台に女性監督として挑んだ戦いは終わった。女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で日本女子代表(なでしこジャパン)を指揮した高倉麻子監督(51)。日本サッカーのフル代表初の女性監督が指揮したチームは25日(日本時間26日)、決勝トーナメント1回戦でオランダに1―2で敗れた。目標の「世界一」は、来年の東京五輪で再び狙う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます