昨年6月に静岡市清水区の用水路に男子中学生(当時12)が転落し、死亡した事故で、静岡県警は柵設置などの安全対策を怠ったとして、用水路を管理する県中部農林事務所の元所長や農地整備課の職員ら6人を業務上過失致死容疑で静岡地検に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます