来日中のフランスのマクロン大統領は、大阪市で28~29日に開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で採択される首脳宣言について、温暖化対策の国際ルールを定めた「パリ協定」に言及されなければ賛成しない考えを示した。26日に開かれた安倍晋三首相との会談後の共同記者会見で明らかにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます