国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は26日、総会を開いていたスイスのローザンヌで記者会見し、2030年冬季五輪招致をめざす札幌市と話し合いを始める意向を示した。大会の7年前を原則としてきた開催地決定の規定を撤廃し、前倒し決定も可能になったのを受け、「今後は札幌や、招致に関心がある都市との対話をスタートできる」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます