韓国の元徴用工14人が戦時中に広島の工場で働かされたとして、元徴用工と遺族60人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟で、ソウル高裁は27日、同社の控訴を棄却し、同社に被害者1人あたり9千万ウォン(約838万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。原告側は会見で、「三菱重工業が日本政府に忖度(そんたく)して上告するなら、被爆者団体の助けを受け、同社と日本政府を相手取って新たな訴訟を起こす」とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます