トランプ米大統領は26日午後(日本時間27日未明)、大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するため、米国を出発した。出発前に記者団に「多くの国が米国を利用してきたが、もうなくなる」と述べた。貿易や安全保障で米国の負担が大きく不公平との不満をかねて示しており、各国首脳との会談を前に改めて表明したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます