高齢化や交通の便の悪化が止まらない。医療への需要は高まっているのに、高齢者一人ではますます行きにくい――。人口減社会が抱えるそんなジレンマに応えるのが、患者の自宅に出向いて健康管理や薬の処方などをする訪問診療だ。行政も後押しするが、医師個人の奮闘に支えられている面が大きい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます