九州南部は1日、活発化した梅雨前線が停滞し、大雨となった。鹿児島市では土砂崩れで女性1人が死亡。堤防の決壊や浸水が相次ぎ、鹿児島、宮崎、熊本3県で計100万人以上に避難指示や勧告が出た。梅雨前線は2日も停滞する見通しで、気象庁は警戒を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます