鯨肉などの販売を目的にした「商業捕鯨」が1日、31年ぶりに日本で再開しました。日本は6月30日に国際捕鯨委員会(IWC)から脱退して再開に踏み切っており、海外からの批判もあります。世界には、日本人のほかにも、クジラを食べる人たちがいるなかで、捕鯨文化研究が専門の園田学園女子大学短期大学部の浜口尚教授は、日本の戦略のまずさを指摘します。なぜなのかを聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます