仙台国税局が1日に公表した2019年分の県内の路線価は、前年より平均4・4%上昇した。上昇は7年連続。上げ幅は前年より0・7ポイント拡大し、比較可能な10年以降で最高の上昇率となった。低金利下での不動産投資が依然活発で、仙台市中心街に加えて、交通の利便性が良い周辺部も大きく上昇した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます