国立文楽劇場(大阪市中央区)で20日、夏休み文楽特別公演が始まる。第2部は「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵」。4月公演の大序~四段目に続き、恋ゆえに主君の大事に遅れた早野勘平を軸に家族の悲劇を描く五、六段目、大星由良助(ゆらのすけ)の真意が明らかになる七段目を上演する。六段目の山場「早野勘平腹切の段」を語る豊竹呂勢太夫(ろせたゆう)、七段目の由良助を初めて遣(つか)うという桐竹勘十郎に思いを聞いた。増田愛子…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます