香港警察は2日未明、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求めて立法会(議会)を占拠したデモ隊に対し、催涙弾を使い、強制排除した。香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は同日午前4時(日本時間同5時)から緊急会見し、「違法な暴力行為で憤りと心痛を覚える」と強く非難し、刑事責任を追及すると述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます