2020年米大統領選に向けた野党・民主党の候補者指名をめぐり、1日に発表されたCNNなどの世論調査で、カマラ・ハリス(54)、エリザベス・ウォーレン(70)の2人の女性上院議員が支持を大きく伸ばした。テレビ討論会の影響とみられ、トップのジョー・バイデン前副大統領(76)が支持を減らし、混戦となる可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます