神戸市長田区で2014年に小学1年の女児(当時6)を殺害したとして、殺人などの罪に問われた君野(きみの)康弘被告(52)について、一審の裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審判決が確定する。最高裁第一小法廷(山口厚裁判長)が1日付の決定で、検察側の上告を棄却した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます