哺乳類の多くが手足に水かきを持たないのは、胎児期に指の間で「細胞死」が起きて細胞が取り除かれるためであることが知られている。では、「細胞死」はなぜ起きるようになったのか。そこには大気中の酸素が重要な役割を果たしていることを日米の研究チームが発見し、国際科学誌に発表した。進化の過程で、動物が水中から酸素の多い陸上へ進出したことが関係しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます