富野由悠季監督「僕も『ターンAガンダム』の『月の繭(まゆ)』のところは涙が出るほど好きよ。でも作品としては対立構造を劇として展開しきれず、情緒的に終わってしまったなという感じがする。(最後の)ロランとディアナのところは、これで宮崎駿監督に勝ったかも知れないって部分はあるんだけど、作品として勝ってなければ勝った負けたとか言えないもん」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます