午前5時。磐城高校(福島県)キャプテンの遠藤民生君(3年)はスマートフォンのアラーム音で目覚める。そして、2階の自室から眠い目をこすりながら、1階の台所に下り、弁当の準備を始める。容量約1リットルの大きな弁当箱に白飯を詰め、のりと梅干しをのせ、晩飯で残しておいた肉野菜炒めを温め、卵焼きとウィンナーを焼く。ブロッコリーを添えて完成だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます