土砂崩れで住宅が倒壊した鹿児島県曽於市の現場は、大隅半島北部の山間部にある。民家裏の斜面が高さ20メートル、幅20メートルほどにわたって崩れて落ち、家屋を押し倒した。この家に住む女性と連絡が取れておらず、消防団員や自衛隊員ら数十人ががれきを取り除きながら、捜索活動を続けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます