朝鮮半島を南北に分ける軍事境界線上にある板門店で実現した6月30日の米朝首脳会談では、両国の事務方が事前の交渉を行っていた。米朝はこうした準備を経て、会談直前に開催を確定。両首脳は相手を利用したい事情を抱え、事前の協議には触れぬまま「サプライズ」を演出していた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます