大雨特別警報が11府県で発表され、広範囲が被災した西日本豪雨から6日で1年。なお仮設住宅には広島、岡山、愛媛の3県で約3900世帯が暮らす。豪雨の被害は朝日新聞の4日時点のまとめで、死者が広島、岡山、愛媛、京都、福岡など14府県で計275人。この1年で53人が災害関連死と認められた。行方不明者は広…

無断転載・複製を禁じます