太平洋戦争中、日本の統治下だったサイパン島は、75年前の1944年7月7日に陥落した。遺族らの心の痛みは戦後も続き、サイパンやテニアン島などから沖縄へ引き揚げた人たちでつくる「南洋群島帰還者会」は、慰霊墓参をしてきた。だが、高齢化に伴って参加者は減少し、50回目の今年を最後とする。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます