いにしえの陵墓が世界に認められた。アゼルバイジャンで開かれたユネスコの世界遺産委員会で6日、「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」の世界文化遺産への登録が決まった。国内審査で3回落選するなど苦労してきた地元は、待ちわびた吉報に喜びの声を上げた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます