6月20日、午後8時半すぎ。練習を終えた奈良県大和高田市の高田商野球部の2、3年生51人が、校舎の玄関前に集まった。遠くからカエルの鳴き声が聞こえる中、赤坂誠治監督(42)が夏の大会のメンバーを読み上げた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます