イラン政府は7日、ウランの濃縮度について、同日中に2015年に米欧などと結んだ核合意で定められた水準(3・67%)を超えると発表した。1日の低濃縮ウランの貯蔵量超過に引き続き2度目の「核合意破り」で、核合意の意義が大きく薄れつつある。ウラン濃縮度を高めれば、核兵器開発につながりかねない。国際社会からの反発は必至で、敵対するトランプ米政権との対立が深刻化することが懸念される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます