長く戦ってきたアフガニスタン政府と反政府勢力タリバーンの代表者が7日、中東カタールの会議で席を並べた。停戦の可能性について公式に意見を交わす見通し。これまでタリバーンは政府との公式協議を拒んできたが、同国に駐留部隊を置く米国などが仲介。米国は停戦を促すことで、費用がかさむ駐留米軍の撤退を目指している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます