沖縄の伝統的な小舟で海を渡る「サバニ帆漕レース」が6月30日、慶良間諸島の座間味島から沖縄本島の那覇市沖まで約35キロのコースで開かれた。近代化の波にのまれて消えつつあった海の文化を、スポーツの形で継承しようと始まり、今回で節目の20回目を迎えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます