患者がストレスにさらされると、乳がんが悪化する――。岡山大の神谷厚範教授(細胞生理学)や国立がん研究センターなどの研究で、こんな関係性が細胞レベルで解明された。ストレスで活発になった神経の活動を遺伝子操作で止めてがんの進行を抑える治療法につながる可能性があるという。8日、専門誌ネイチャーニューロサイエンスに発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます