元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決について、安倍晋三首相は9日、控訴しない方針を表明した。政府内には控訴して高裁で争うべきだとの意見が強かったが、家族への人権侵害を考慮し、最終的に首相が判決を受け入れる「異例」の判断を下した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます