京都市東山区の花街・祇園で8日夜に発生した火災は9日午後1時時点でも鎮火しておらず、消火活動が続いている。市消防局によると、女性店主が119番通報した日本料理店が入る建物が特に強く燃えているといい、府警と合同で実況見分をして出火原因を調べている。焼失したのは木造2~3階建ての5棟の延べ約620平方メートル。うち日本料理店と老舗茶屋の2棟は全焼した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます