東京電力ホールディングスは9日、柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策施設の準備工事現場で、地下につり下ろす途中のパワーショベル(重さ15トン)が逆さまのまま宙づりになるトラブルがあったと発表した。運転席は無人で、けが人はないという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます