アフガニスタンからの駐留部隊の撤退への道筋を模索する米代表団と、反政府勢力タリバーンの和平交渉が大詰めを迎えている。米側はタリバーンの囚人釈放に協力して懐柔を図り、タリバーン側は戦闘緩和を宣言して歩み寄った。課題は多いが、早ければ9月までに和平合意を結びたい考えで両者は一致している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます