緑内障患者は睡眠中の血圧が高いことを、奈良県立医科大学の研究チームが見つけた。睡眠中の高い血圧は、日中の血圧より心臓の病気のリスクを高める可能性があるとされる。同大の吉川匡宣(ただのぶ)講師は「緑内障の人は、普段から血圧により気をつけた方がいいと考えられる」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます