夜尿症の治療がなかなかうまくいかなかった東京都の小学6年の男の子(12)にとって、寝ている間に尿が少し出るとアラーム音が知らせてくれる「アラーム療法」がひとつの転機になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます