コンビニ最大手のセブン―イレブンが7月11日朝、唯一の「空白県」だった沖縄県で店を開いた。東京・豊洲の1号店から45年がかり。すべての都道府県に出店した。現地での「売り」は、迎え撃つファミリーマートとは対照的だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます