山口県周南市で2013年7月、住民5人が犠牲となった殺害・放火事件で、殺人罪などに問われた保見光成(ほみこうせい)被告(69)を死刑とする一、二審判決が確定する。最高裁が11日付の決定で、被告側の上告を棄却した。事件から6年、現場となった山奥の集落はいまも影を落としていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます