世界の先物取引の発祥の地、大阪・堂島の商品取引所が16日、試験上場中のコメ先物取引の「本上場」を申請する。農家や商社ら参加者に永続的な取引を保証することで、コメの価格変動リスクを避ける取引の拡大をめざす。ただ、農協には主食を投機にさらすことへの抵抗感が根強く、農林水産省による審査は難航が必至だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます