第9日は10日、ロンドン郊外で男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)が、同3位のロジャー・フェデラー(スイス)に6―4、1―6、4―6、4―6で敗れ、1933年大会の佐藤次郎以来となる日本勢で86年ぶりの4強入りを逃した。錦織は2年連続8強で敗退。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます